indigo la Endのまとめ集

indigo la Endのブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

佐藤栄太郎Sato Eitarou 4144

佐藤栄太郎 - 佐藤栄太郎

佐藤 栄太郎(さとう えいたろう、1928年1月25日 - 2008年11月13日)は、日本の教育者。学校法人佐藤栄学園、学校法人北海道佐藤栄学園創設者で初代理事長。日展会友でもあった。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・佐藤栄太郎のまとめ集

佐藤栄太郎のtwitter

18時間前

@0v0eitaro0v0

「人は、何かしらの存在価値を認めてるものしか嫌いにならないんだよ。だからこそ、その嫌悪感の理由をクリアにすることは、すごく大切なんだ。」田中宗一郎氏。いい言葉。
1日前

@0v0eitaro0v0

内容もさることながらstarRoさんが日本語でツイートしてくれてるのがそもそもありがたい
2日前

@0v0eitaro0v0

RT @karumen_sing: 毎年言ってるけど、今年も言います。 成人式が終わって髪を切る方、子供の医療用ウイッグのため、髪を寄付しませんか? 詳細はリンク先へ。 (写真は私が以前寄付した時のです) jhdac.org https://…
2日前

@0v0eitaro0v0

@16m40 かっけー!
2日前

@0v0eitaro0v0

成人式出てないので遡って今出たりしても大丈夫ですか?
2日前

@0v0eitaro0v0

RT @product1954: 防衛局は「海の濁りを少なくするため細粒分10%前後」と沖縄県に説明したのに、業者に「40%以下」と発注 記者「なぜ変更した」 防衛省「分からない」 沖縄県「土砂確認のため立ち入り調査したい」 防衛局「調査を求める法的根拠示せ」 滅茶苦茶。日本…
2日前

@0v0eitaro0v0

RT @indigolaEnd: 2018年に自分が作った曲でベストソングを上げるなら「蒼糸」だな。ドグマンとアオミが次点。蒼糸の歌詞の完成度が勝ったなと自分の中での戦い。 m.youtube.com/watch?a=&featu…

佐藤栄太郎の関連動画

2016/09/04
aoub × 佐藤栄太郎 2016-05-09
2015/03/18
indigo la End、ドラマー佐藤栄太郎が正式加入
2014/09/05
aoub×佐藤栄太郎 Live - Lachre〜Sequel@Shibuya Home 2014/08/31
2014/05/04
aoub×佐藤栄太郎@MixTape,Shinjuku Marz 2014/04/28

佐藤栄太郎のQ&A

6年前
昭和の男優さんの名前を教えてください。
下記条件で、思い当たる男優さんの名前を教えてください。 1.すでに他界されているか、超高齢で現在は活動されていないと思います。 2.脇役一筋。 主役の経験はない。 とはいえ、端役...
6年前
竹島問題
竹島問題って、知ってましたか? 私は、北方領土は、いやというほど教え込まれたが、竹島に関しては、全く知らなかっだ。 どさくさに紛れてどころか、宣戦布告をされて、武力で奪われた...
6年前
韓国問題、政治は政治、なぜ毅然とした対応をしない?
日本では多くの人が政治は政治、文化交流は文化交流、経済交流は経済交流で別だと語っています(そうテレビでやっていました)。 ですので、経済や文化交流などは気にせず「政治は政治」...
7年前
国籍は日本にせず、朝鮮・韓国のまま、本名を隠す…?
在日、特に、在日朝鮮、在日韓国、特別永住者というのですか、これらの人々、どうしても完全に理解できないというか、納得できないので、ここで質問させていただきました。 日本国籍...
13年前
佐藤栄学園について
佐藤栄学園の採用試験を受けようと思っているのですが、教員の待遇はどうなんでしょうか。 ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。 お願いします。
13年前
「・・・太郎」といえば?
「・・ ・太郎」で思いつくのは、誰ですか?

indigo la Endのまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

indigo la Endについて

indigo la End(インディゴ ラ エンド)は、日本のロックバンドである。所属レーベルはメンバーである川谷がワーナーミュージック・ジャパン内で設立した自主レーベル、TACO RECORDS。バンド名はスピッツのアルバム『インディゴ地平線』から取られている。

出典:Wikipedia

公式ホームページ

公式twitter

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク